話題・課題‎ > ‎

水戸、100年で1.2℃上昇

2011/09/01 8:15 に 山口文夫 が投稿   [ 2011/09/01 8:55 に更新しました ]
2011年8月28日付け茨城新聞に『放送大学生が気候変動解析・水戸、100年で1.2℃上昇』という記事が発表されました。
放送大学茨城学習センターの塩見先生ご指導の統計セミナーグループでは、数年前この問題に関心をもって、気象データの解析を行ってきました。水戸地方気象台では、1897(明治30)年から現在まで、日平均気温、降水量などの気象データを記録公表してきました。私たちはこれらのデータをホームページからダウンロードして解析に使いました。データがまとまったので茨城新聞に寄稿したものです。
◆画像をクリックすると拡大します
Comments